検索

音楽備忘録「S.W.!.C.H」について

皆さんこんにちわ、SW!CH運営のぴーさんです。


なんとこのHPにはBLOGを書く機能がついているという事実を今回リリースイベントのレギュレーション説明記載ページを制作してくれたスタッフのお陰で発見したので2020年も暮れを迎えつつある現在、数年後には忘れ去られてしまいそうなフォーマット「BLOG」でもしたためてみようと思いました。


と言っても私のようなおじさんの日常など書いてもアイドルの公式ホームページの面汚しにしかならないのでSW!CHとして大事にしている"音楽"について触れてみたいと思っております。(活動の足跡などは皆様が色々まとめてくださったりしておりますし、そちらはまた何かの機会に)


今夏リリースした「Shiny☆rain」収録曲として、世間様に発表していった時系列順に振り返っていこうと思うのですが、そうなるとまずは「S.W.!.C.H」となるわけなのです。


まずこの楽曲はお披露目ライブ時に発表した楽曲以降初の新曲、つまりライブ活動開始後に制作された初の楽曲という事になります。

当時としてはグループのアンセム(シンボルとなる曲)を作りたいなと思っておりました。


アイドルグループが自分たちのグループ名を楽曲タイトルにする場合(アイドルに限らないとは思いますが)、グループのアイデンティティやアティテュードを反映している楽曲にするのが一般的なのかなと思っています。


そうなるとその時点でのSW!CHの持つグループイメージと比べるとファンの方も「??」と少し思ったかもしれませんが、個人的にはこういう楽曲で自由を謳歌する歌詞こそがSW!CHらしいなと思い、最終的な発表に至った経緯があります。


個人的にもアンセムというとライブで鉄板で盛り上がる曲とかそういうイメージが結構強いんですが、じんわり染み込むようなグルーヴを持つこういう曲にグループ名を冠するのが私なりの些細な拘り(アイドル文化を知らなさすぎる情報弱者とも言える)とお受け取り下さいませ。


こちらの楽曲制作はSugaya Bros.さんとMiss-artさんのコンビでのコ・ライト楽曲。

近年ですとNMB48さん「欲望者」を制作したコンビにお願い致しました。


Sugaya Bros.さんは他楽曲も制作されているので今回は割愛しますが、Miss-artさんに関して。

Miss-artさんに対して特定のジャンル分けをするのはナンセンスだという事は重々承知の上で敢えてご紹介をさせて頂きますが、いわゆるR&B的な楽曲をバックボーンに持たれるソングライターさんなので、こういったグルーヴィーなトラックにグルーヴのある譜割を付けて頂くと天下無双のカッコいい曲を作られる作家さんなのですね。


歌詞に関してもライミング(押韻)といって、昨今ではラップに限らずポップスでも多く用いられているセンテンスの語尾や頭の母音を同一にすることで歌唱自体にリズムを生むという海外ではポピュラーな作詞術ですが、Miss-artさんも例に漏れずこちらを効果的に使用する事で楽曲全体にとても気持ちのいいグルーヴを生んでおられます。


「地球上で一番 特別な時間」は気持ちの良いライミングに加えて、この曲を聴いてる・観てる時間は皆さんにそうあって欲しい、と思えるとても好きなフレーズでございます。


コレオグラフはリーダーMyN(まゆな)による振りも多く反映されており、そこにYU!NA先生のサポートも加わって最終的に楽曲の振付が完成したという、何気にSW!CH楽曲の中でも異色の制作方法を取っていたりします。(実はライブSEなんかもこの制作方法だったりする)


ライブにおいて「ドカーンッ!!」と盛り上がるような曲では無いので初披露からこれまでなかなか感触を掴みづらい楽曲であるなとは思っていたのですが、先日出演させて頂いた「アイドル三十六房」さんでオンエアして頂いてからサブスクなどでも再生回数がぐんと伸びまして、なんならこの曲からSW!CHを知って頂いた方もいるんじゃないか?位に取り上げて頂けて、「あー伝わって良かった」と思っておりました、、笑


本当はもっと深堀り出来る背景がある楽曲ではあるのですが(これ以上書くと相当マニアックな内容になってしまう)、聴いたり観たりしてる方が思い思いに横にノっちゃうような楽曲も好きな私としてはアイドルとしてのこういう楽曲も引き続きちゃんと世の中に出していきたいな、と思うのでした。


最後にこの楽曲の血肉になっている動画素材でもまとめて、筆を置きたいと思います。


Miss-artさんの楽曲でもとても好きな曲


アンセムとして親戚。ちなみにこちらの曲が収録されたアルバムタイトルが「Enter the Wu-Tang (36 Chambers)」、訳すると三十六房。運命ビンビン感じてます。




© DIW PRODUCTS GROUP  All Rights Reserved. powered by diskunion company